センスエピでしたら脱毛器っが初めての方でも失敗なく脱毛をすることが出来る

普通のレーザー脱毛では、脱毛をしなくても良い皮膚などにも平等に光があたり肌への負担が結構ありました。
しかしセンスエピを使用することによって照射出来ない部分には光が照射されることが無いので、無駄に肌を傷めることもありません。 脱毛をしたいけどどうしたら良いのかわからない!っという人も多いことでしょう。
ムダ毛は正しいケアをしてあげることによって、確実に対策することが出来るのです。
家庭用脱毛器のセンスエピというのは、HPL(ホーム・パルス・ライト)という光学分野の最新技術を使用した脱毛器として注目されています。
HPLというのは、特定の色だけに反応される識別システムのことを指し、今最も注目をされているタイプの脱毛器なのです。

 

センスエピならはじめての方でも失敗なく脱毛をすることが出来ます。
人間の毛のような黒色に反応し、光が作用されることで肌などの毛の無いところへのダメージを最小限にすることを可能にしています。



センスエピでしたら脱毛器っが初めての方でも失敗なく脱毛をすることが出来るブログ:2021/10/13

幼かったむすめが大好きだったもの、
それはおいらの「耳たぶ」。

甘えたい時、眠い時、不安な時…
いつだってむすめはおいらの耳たぶを求めた。

小さく温かい指で触れられると、
とてもくすぐったかった。
それでも、何だかほんのり心地良くって、
ついついおいらの方が先に眠りこんでしまうこともしばしばあった。

あるばんのこと。
いつもむすめの右側で寝ていたおいらは、
たまたま左側で眠っていた。

むすめが動く気配で目が覚めると、
むすめが右側にいる主人の方に転がっていくのが目に入った。

そして主人の耳たぶを触り始めたのである。
あれ?と思った瞬間、むすめの手がとまり、
目がはっと見開かれるのが分かった。

右、左、ときょろきょろ頭を動かすと、
あわてておいらの方に寄ってきて、
耳たぶを触り始めたのである。

むすめは、おいらと主人をまちがえたのだ。
でも耳たぶの感触ですぐに気づいたのだろう。
安心しきったむすめの寝顔を見ながら、思わずふきだしてしまった。

むすめに耳たぶをゆだねている時は、
なぜか母乳をあげていた時と同じ気持ちになれた。

求められる嬉しさ、お母さんとしての喜び、
無垢な優しさがじんわりと胸に広がっていく…

けれど、むすめはおいらの耳たぶを卒業してしまった。

遠慮がちに触っているなぁと感じるようになったあるばん、
触りやすくしてあげようと頭の向きを変えた時、
むすめの指がふと離れた。

そしてそれ以来、
むすめの指がおいらの耳たぶに触れることはなくなってしまった。

「耳たぶなんて覚えてないよ」と八才になったむすめは笑う。

それでも、おいらは決して忘れないだろう。
あの頃耳たぶに感じていた小さなぬくもりを…
ささやかな幸せの一時を…